40代から感じる日焼けの恐怖と紫外線対策

お肌の老化を引き起こす紫外線

40代になると夏場は紫外線や日焼けの恐怖に怯えますよね。

お肌の老化(シワ・シミ・たるみ)を引き起こす原因が紫外線だということは知られています。

紫外線の恐怖は、そのダメージが皮膚の中にどんどん蓄積されることです。

日焼けをしても時間が過ぎれば元の肌色に戻るのでなんてことないと思うかもしれませんが、ダメージは確実に皮膚の中に残って肌の老化を進めていくんです。

紫外線対策をしっかりする

40代でしっかり紫外線対策をすることで、それからの肌コンディションが左右されます。

紫外線対策をしっかり行い、40代から感じる日焼けの恐怖に打ち勝ちましょう。

 

まず、紫外線対策として考えられるのは日焼け止めだと思います。

確かに抜群の対策ができる日焼け止めですが、種類も多く自分の肌に合っていないとトラブルを起こしてしまう場合もあるようなので、お肌に合った日焼け止めを選ぶことがポイントになります。

お肌に優しい成分のものも販売されていますので、いろんなものをお試しして決めましょう。

日焼け止めの正しい使い方

日焼け止めの効果的な塗り方は、外出30分前にお肌に塗りこむことです。

直前にお肌に塗るとなじむ前に紫外線にさらされることになりますので、日焼け止め効果が得られずに日焼けしてしまうこともあるようなので注意しましょう。

他にもお肌にムラなく伸ばして塗ったり、擦り過ぎず優しくコーティングするように塗ること、大体2〜3時間おきに小マメに塗り直すことも効果アップのために注意してほしいポイントです。

日焼け止め以外の紫外線対策

日焼け止め以外では、サングラス・日傘・UVカット素材の帽子や服などもおすすめです。

いろんな紫外線対策グッズをその時に応じて活用し、上手に紫外線対策をしましょう。

40代からの紫外線対策で、若々しい白い美肌を手に入れましょう。

メニュー

ページのトップへ戻る